ガマ捕獲

b0092413_1662885.jpg

ギリシャリクガメのティーゲルです。こいつは登るのが大好きです。

b0092413_1664328.jpg

登るのは大変だ。ときどき滑ってすってんころりん。

b0092413_1665490.jpg

ガマを見かけたので、
b0092413_1677100.jpg

とっつかまえて、

b0092413_1671875.jpg

カメと一緒に飼育してみました。居心地わるそうだ。
今日はどうも姿が見えないけど、どこいったのかなあ。脱走したんだろうか。
[PR]
# by eudips | 2007-06-22 16:11

武尊山修行

b0092413_23244939.jpg


今年も例年の如く上州武尊山修行が行われる。
写真は「修羅」の行にあてている、「山伏相撲」金剛杖を使って相撲をとる。

さて、今年はどんな山行きとなることやら。楽しみです。
[PR]
# by eudips | 2007-06-20 23:26

b0092413_1312418.jpg


川場村 「恵の滝」にて。
[PR]
# by eudips | 2007-06-19 13:01

とっくりばち

b0092413_11242057.jpg

季節はどんどん進んで真夏に向かっている。とっくりばちが巣を組んだ。これほど見事なものを見たのは初めてだ。美しいものである。

 今年はよっつほど蜂が巣を作った。どこもさして危険な場所ではないので放置しておく。これからお彼岸ぐらいまで足長バチなどは活発になるので、その間は非常に危険である。
 比べてスズメバチなどは10月11月ごろが最も活動は盛んで、やはりその頃が一番危険である。

月夜野あたりではまだ蚊やウンカなどの毒虫がいない。いい季節だな。
もっうちっとすると虫たちには辟易させられる。
[PR]
# by eudips | 2007-06-17 11:29

b0092413_16144287.jpg

日本刀は美しい。さまざまな技術を凝縮した世界レベルの芸術である。

さて、人は心に刃物を持っている。あらゆる敵から身を防ぐため。殺意の有る言葉は人をとおざける。

悪意の無い言葉でさえ人を傷つけることは可能だ。こころないひとこと。度を過ぎたジョーク。
その人にはその人固有の歴史があり、ウイークポイントもさまざまだ。
 物理的な刺激は必要ない。そのウイークポイントさえしっかり掴んでさえいれば
いとも簡単に潰すことができる。

言葉には重々気を使わないといけない。親しい誰かを傷つけるのは悪いことである。
[PR]
# by eudips | 2007-06-14 16:20

ちっちゃきもの

b0092413_18492445.jpg
つつどりが啼いている。
ゆうべは ムジナが啼いていた。
トノサマガエルの一年生が今年はいやに多いように気がする。
[PR]
# by eudips | 2007-06-04 18:49

心の闇

人は何故に自ら望んで地獄の扉をあけるのか、ときどき不可解に思う。

まあいろいろあるってのは判るが、まるで 飛んで火にいる夏の虫。

若い衆が無知ゆえに迷い込むのはわからぬでもないが、分別盛りのよい大人が迷路に迷い込むというのはどうもはがゆいものがある。

一度迷いこんだくもの巣、あり地獄からぬけでるには相当の努力や忍耐や運やエネルギーが必要だ。

人間てのは奥底はわからないものだ。心の闇は深く、暗い。
b0092413_2124772.jpg

[PR]
# by eudips | 2007-06-04 02:13

30代

b0092413_2313498.jpg

[PR]
# by eudips | 2007-06-03 02:31

諸行無常

諸行無常
我々の経験するすべてのもので常住不変のものはひとつもない。自然界も人間界も、肉体も精神も、全てのものは刻々と変化していくものである。

b0092413_2213078.jpg

ヘーラクレイトス
ギリシャの哲学者 
「万物は流転する。」は有名。
現代の自然学もまたこの精神の上に成り立っている。この無常観によって「無常なるが故に苦なり」という自己反省を促してものに対する執着の心、貪欲の心を捨てしめ、さらに社会人生に対する正しい認識と、寸暇を惜しんで精進・努力を決心することが肝心である。
[PR]
# by eudips | 2007-05-31 22:13

信徒会館 着工

b0092413_6115432.jpg
b0092413_612770.jpg

信徒会館の工事がようやく始まりました。
7月の下旬には上棟式ができる予定であります。
このところ天気が良いので、基礎工事などには都合がよろしいですな。ありがたいことです。これも神仏の恵かと思います。
 今までは粗末な建物しかなくて、信徒の皆様にはご迷惑をおかけしたことかと思いますが、来年の四月には完成の予定です。沢山のご寄付を賜った皆様には厚く御礼申し上げます。
[PR]
# by eudips | 2007-05-30 06:15